PDFに違いがあります!

国際文献社の作るPDFは、引用文献が英文で記載されている場合、PubMedやCrossRef経由でのオンラインリンクを埋め込むことができます。原文へのアクセスなども含め、研究者や読者にとって使いやすいPDFを提供します。

先進のXML 編集でワンソースマルチユースを実現

Nature、Scienceでも利用されている先進の編集システムを2010年に導入しています。文書のクリーンアップ、スタイル付け、ハウスルールの自動適用やリファレンスの自動修正により、安定した編集品質と生産性向上を図っています。XML編集でワンソースマルチユースを実現しています。ワンソースからPDF、EPUB、Webページを作成します。印刷版(PDF版含む)データを再加工する必要なく、電子版を作成するので、後加工による相違が生じません。

編集作業の効率化と質の向上

これまで、入稿原稿の原稿整理には、熟練した技能と相応の時間が必要でした。eXtylesの活用で、短時間、かつ、質の向上に繋がりました。

機能新工程時間精度
ドキュメントのクリーンアップCleanUp10 sec100%
引用文献整形BibRef30 sec80%
引用文献番号整形BibRef30 sec90%
ハウスルール適用AutoReduct10 sec99.9%

リファレンスの自動修正

リファレンスの手修正は、時間のかかる作業でした。先進の編集システム導入により、自動的にジャーナルのリファレンスを認識し、指定されたリファレンスのスタイルに再構造化しています。

DOI、PubMedIDの自動挿入によるリファレンスリンク設定

リファレンスの自動修正に加えて、DOI、PubMedIDの自動挿入によるリンク設定を可能としています。CrossRefのデータベースに対しチェックを行い、確認作業の結果、正しければ、DOIを挿入します。PubMedIDもデータ内に取り込み、リンク付けを可能としています。

リファレンスリンクの精度はJ-STAGEを圧倒!

国際文献社のリンク達成率平均は80~90%です。一方、J-STAGEのJSTリンクセンターによる達成率は60%程度しかありません。

CPB 66-7
リファレンス数
(弊社)
リンク達成数
(弊社)
リンク達成率
(弊社)
リンク達成数
(J-STAGE)
リンク達成率
(J-STAGE)
c17-00844
38
35
92%
23
61%
c17-00933
46
39
85%
17
37%
c17-00945
40
27
68%
7
18%
c18-00035
19
17
89%
13
68%
c18-00061
26
24
92%
21
81%

国際文献社の作るPDFには違いがあります!

PDF内のリファレンスには、DOI、PubMedIDの自動挿入によるリンク設定がなされています。リファレンスに記載されている論文から、直接、原文にアクセスすることができます。
例:日本薬学会発行英文誌
Chemical and Pharmaceutical Bulletin:https://www.jstage.jst.go.jp/browse/cpb
Biological and Pharmaceutical Bulletin:https://www.jstage.jst.go.jp/browse/bpb
日本薬学会論文誌の取り組み:オープンアクセス誌の可能性:https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/59/4/59_226/_article/-char/ja/

関連記事

コメントは利用できません。