書籍

医療放射線防護学

978-4-902590-91-3
978-4-902590-91-3

放射線防護の一般的な事柄から,医療放射線防護の実践的項目に至る内容を詳しく紹介

形式:
書籍
著者情報:
編著:赤羽惠一, 遠藤真広
監修:日本医学物理学会
発行年月日:
2020年8月25日
判型 / 頁数 :
B5 /304
ISBN :
978-4-902590-91-3
この商品に関するお問合わせはこちらまで。
(PayPal決済以外でのご注文も受付中)

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥7,315(税込)

数量  

※送料は別途発生いたします。 書籍送料 (@260円×注文数量)

放射線治療では,患部への正確な照射をしつつ,
他の正常組織には被ばくを抑えることのできる技術が実用化され,
普及してきました.
しかしながら,放射線診療における患者の医療被ばくは,
我が国では全ての被ばくの中で,最大の被ばく源です.
また,世界的に見ても,医療放射線の利用は拡大してきており,
医療放射線の防護は,放射線防護上の重要課題の一つになっています.
本書は,放射線防護の一般的な事柄から,医療放射線防護の実践的項目に至る内容を,詳しく紹介しています.

第1章 放射線防護の歴史
第2章 防護関連組織・機関
第3章 放射線の線源と利用
第4章 放射線の生物影響・リスク
第5章 放射線防護体系
第6章 放射線防護・管理実務
第7章 医療放射線防護・管理
第8章 医療被ばく防護の現状と今後
第9章 非電離放射線の防護
付録 DRLs2020 について

関連商品